人気ブログランキング |
ブログトップ

我孫子市の工務店 『スローライフホーム』

slowlifeh.exblog.jp

薪割り

スローライフの渡邉です。昨日は薪割り会に参加してきました。


解体現場や造成工事に際に切り倒された樹木を集めておいて、薪の欲しい方たちを対象に大勢で協力し合って薪をつくります。

薪割りは一人でもできますが、原木の確保やチェンソーや薪割り機など、装備をシェアすることができる薪割り会の方が断然効率的ですし楽しいです。

c0353970_12351400.jpg

朝9時から夕方の4時までみっちり働いてきました(笑)


総勢15人ほどで薪作りをして各家庭の来年度分の1/4は作れたと思う量の成果です。この薪割り会は毎年この時期から来春まで4回ほど続きます。

昨年作った薪を今日参加した人は貰って帰り、家の薪棚へ並べるのです。4回も参加すれば今シーズン分の薪は十分確保できます♪そして僕もしっかりいただいてきました。


僕の家の暖房は80%薪ストーブです。11月末から焚き始め、4月頃まで楽しんでいます。薪ストーブは暖房としては本当に最高のものです。

家中が温まり、またストーブの熱で料理もできます。我が家の冬は本当に楽しい毎日です。


けれどもその楽しいストーブには薪の確保が大変なのです。それも乾燥を考えると1年以上前から集めておかなければなりません。

ここが一般の方たちの悩みどころだと思います。

もし薪を買って使うとしたら、1束500円程度はかかります。

高気密・高断熱の住宅でさえ一日1束は焚きます。

簡単な計算ですが毎日焚くと月15000円は暖房費としてかかるわけです。


これを高いと思うかどうかは人さまざまですが、我が家にとっては結構な金額なので、できる限りここは節約します。つ

まりは買うのではなく貰って作ってきます。

メタボが気になっている僕にはちょうどいい運動でもあるわけで、妻は弁当まで作って応援してくれます。


薪ストーブにはこんな話があります。

薪ストーブは、薪を作って温まり、焚いて温まる、そして料理を作って温まることのできるものだと。

三度温まれる暖房機って他にありますか?(笑)


家づくりやリフォームをお考えの方、ぜひ暖房に薪ストーブをお考えください。

薪は一緒につくりましょう~♪

また煙や臭いが気になる方もご相談ください。

今のストーブは本当によくできていますので。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


c0353970_12351401.jpg

薪割り会の会場でノコンギクを見つけました。

野菊です。関西方面ではこれによく似た嫁菜(ヨメナ)は有名ですが、関東ではこのノコンギクが畦道に見つけることができます。皆さんも見たことありますよね。


このノコンギクの若葉をつんで、細かく刻んだものとご飯を炊くと春の香りいっぱいのヨメナ飯(ヨメナではないけど)ができます。

春の山菜の天ぷらといっしょにいただくと本当に美味しいです。

秋のこの時期、ノコンギクの咲く場所を覚えておいて、三月に若葉をつみに行きます。

みなさんも近くの広場で探してみてください。薄紫色をしたかわいい野菊がいま咲いています。




by slowlifehome | 2011-10-24 09:08 | SLOW LIFE TIME
<< 年末年始のお知らせ イベントのお知らせ >>